美白ケアQ&A~今さら聞けない美白の悩み

美白にまつわる今さら聞けない悩みに答えます!

白く透明感ある肌も30代になると肌の老化とともにシミやくすみができやすくなります。


シミがあるとそれだけで老けてみえますから、なんとしてもできるのは防ぎたいところ。できる前に対策するというのが美白ケアでは基本中の基本になります。


ただ、その美白ケアについて、正しい知識に基づいて確信をもって実践しているという人は少ないのではないでしょうか?なんとなく続けているとか、効果を感じないけれど、止めるのも心配だし、何もしないよりはマシかと思ってやっているということがあると思います。


こうしたあやふやな状態で美白ケアを続けることは実はとっても危険です。


まったくシミ予防になっていないだけでなく、むしろ悪化させてしまっていることもありますし、効果の薄いしみ美白化粧品に延々とお金と時間、労力をつぎ込んで無駄にしているケースが往々にしてあるからです。


美白ケアは貯金に例えられることが多いように、早く正しい対策をはじめればそれだけ10年後、15年後経ったときに大きな差となってあらわれるものです。シミ対策のが遅れればそれだけ肌に紫外線ダメージが蓄積されることになりますし、できてしまったシミを消すのは本当に大変です。


「あのときやっておけばよかった!」と後悔する前に、是非、当サイトで美白ケアに関する悩みを解決して、確信をもって正しい美白をはじめるようにしてください。

美白ケアはメラニン対策だけでは不十分?

紫外線を浴びるとメラノサイトの活動が活発になり、メラニンが大量に生成されて、シミの原因になるというのはご存じだと思います。そのためにUVケアを頑張っている人も多いでしょうし、少しでもシミを薄くしたいと美白化粧品でメラニンを減らす努力をしている人も多いと思います。


紫外線にあたると肌の中でメラニンが作られます。美白化粧品に配合されている美白成分というのはこのメラニンが作られるのを防ぐ働きがあるので結果的にシミができるのを防ぐという効果が期待できます。


しかし、シミができるのはこれだけが原因ではなく、紫外線によって細胞のDNAが傷つき、じわじわと積み立てられたダメージが肌そのものの構造を変性させてしまうこともシミの原因になることが最近の美白の研究からわかっています。


うっかり日焼けしてしまってメラニンが増えてもその後にしっかり美白化粧品を使ってケアすればメラニンができるのを防げるからシミはできないはず!と思っていた人もいるかもしれませんが、メラニン対策だけのために紫外線対策をするわけではないということです。美白化粧品に頼り切っているとあとで手痛いしっぺ返しがあるということですね。


とにかく紫外線対策が美白にとっては最優先、最重要ケアなんです。


ただ、紫外線対策が完璧でもシミを完全に防げるわけではありません。紫外線以外のシミの原因については別ページでも紹介していますが、特に活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけて老化を引き起こし、シミの原因になるので対策が必要なものです。


激しい運動、過労、ストレス、喫煙、食品添加物、過度なマッサージや勘違いスキンケアによる炎症、大気汚染の原因になる有害物質、酸化した油、糖分の摂り過ぎなど、生活のなかには活性酸素を生み出してしまう要因がこれだけ溢れています。


紫外線が美白を邪魔する一番の原因なので、UVケアを最優先すべきなのは間違いありませんが、紫外線以外にも美白を阻害する要因はこれだけあるわけですから、生活環境から食生活といったすべての面で美白を意識して気をつけないといけないことがたくさんあるということです。

「美白ケアQ&A」について!

当サイトは「美白化粧品の選び方や使い方」「効果のある美白ケア」「シミ対策」の3項目においてそれぞれによくある疑問や質問を集めてそれに当サイト管理人がその豊富な美白の知識を生かして回答しています。「広告なし」の純粋な情報提供を心がけているので、他のサイトをみるよりは信頼できる確かな情報ばかりだと思います。美白についてわからないこと、気になること、今更質問するのも恥ずかしいことはぜひ当サイトで解決してください。