トップページ > 20代・30代・40代で美白は変えるべき? > 20代 30代 40代と年代にあわせて美白のやり方は変えるべき?

20代 30代 40代と年代にあわせて美白のやり方は変えるべき?


Q.20代 30代 40代と年代(年齢)にあわせて美白化粧品や美白ケアのやり方って変えていったほうがいいんでしょうか?教えてください。


肌の状態は年齢や生活習慣によって変わってくるものです。状態が変わっているのにいつもと同じケアをしていても大丈夫なの?ということを考えればおのずと20代 30代 40代では美白もやり方が変わってくるというのはお分かりいただけるかと思います。


年代別に簡単に美白のポイントを紹介していくと、20代の最優先事項はUVケアです。


紫外線のダメージは若いころから蓄積されてある日突然シミになってあらわれるものですから20代はとにかくUVケアを徹底して習慣にするということが美白において一番大事なことです。


普段のスキンケアとしてはビタミンC誘導体でケアすること、それから保湿することに重点をおいてケアをすれば特に問題はないかと思います。「守りの美白」がポイントです。


30代は肌老化の兆候が見え始める時期です。その一つの要因になっているのが肌のターンオーバーが乱れだすということで、そのせいで肌が硬くなってくすんできたり、肌の再生が遅れだすのでシミがうっすらと残るようになってきます。


美白にかんしていえばUVケアは当たり前として、肌のターンオーバーを活性化するためにピーリングを定期的に行ったり、美白化粧品でシミの予防をするということが基本になると思います。


できてしまったシミや色素沈着などについてはスポッツケア用の美白美容液などを使って輪郭がはっきり濃くならないうちに、早めに対処するようにしましょう。シミに年を越えさせない!というぐらいの意気込みは欲しいですね。


40代は20代~30代のスキンケアや生活習慣の結果が一気に出てくる年代です。


UVケアを徹底し、保湿を怠らず、美白ケアを継続して行ってきた方は、シミひとつない40代とは思えない美肌を維持できていると思いますが、UVケアをサボってしまったり、乱れた生活習慣を送ってきてしまった方は残念ながらシミ、しわ、たるみは避けられないでしょう。


また、40代からは女性ホルモンもガクンと減ってくるのでその影響も肌にでてきます。


40代からスキンケアを頑張りはじめても何もしないよりはマシですが、これまでの貯金がない分、相当辛いと思います。肌の状態によっては美容皮膚科でのレーザー治療や光治療といったものを利用したほうがいいかもしれません。


このように美白で気をつける点、最優先すべきケアというのは、年齢によって変わってきます。


大事なのはその年代において最優先すべきケアを継続するということであり、必ずしも年齢にあわせて高い化粧品を買うということではないということです。


拠りどころにすべきはあくまで毎日の美白&UVケア、それから規則正しい生活習慣の継続であり、高級化粧品ではないということは是非肝に銘じておいてほしいところです。