トップページ >  美白ケアの効果Q&A >  ひじやひざの黒ずみも改善できる?

ひじやひざの黒ずみに美白化粧品は効果ある?


Q.ひじやひざといった部位に黒ずみがあります。体に残った色素沈着には美白化粧品というのは効果あるんでしょうか?気になっています。


ひじやひざの黒ずみに悩んでいるという方もいると思います。


顔はもちろん、全身が輝くばかりの美白肌というのに憧れている人にとってはひじやひざといったそれほど人の目に触れないところであっても見た目が決して良いものとはいえない黒ずみは気になるものです。


こうしたひじやひざの黒ずみというのは決して汚れが染みこんでいるものではありません。(体を洗わないという人はその可能性もありますが。)その正体は摩擦による色素沈着や角質が厚くなってしまっているのが原因です。


角質が厚くなって黒ずんでいるという場合はお風呂でひじやひざを擦れば、角質が落ちるのできれいになりますが、刺激による摩擦で黒ずんでいるという場合はむしろ悪化させてしまう原因にもなりますので注意が必要です。


角質が厚くなっているのが原因なのか、それとも色素沈着が原因のなのかを判断する方法としてはふき取り化粧水などをコットンにしみこませたものでひじやひざの表面を軽くふき取ってみてください。


そうしたケアで黒ずみ軽減されるようであれば角質が厚くなっていたことが黒ずみの原因だと考えられます。しかし、毎日お風呂に入り、体を洗っているという人がほとんどでしょうから角質肥厚で黒ずみが起きているというのは本当にレアケースです。


ほとんどの場合、ひじやひざの黒ずみというのは、摩擦による色素沈着です。


毎日の生活の中で、ひじをつくのが習慣になっている方や、ひざが何かに擦れるということが長年続いたことで刺激に反応したメラノサイトが肌を守る防御反応としてメラニンを生成して、ひじやひざに黒ずみが発生することが多くなります。


摩擦によってできてしまった色素沈着に刺激は禁物ですからお風呂などでゴシゴシと擦ってしまうというのは当然、逆効果になってしまいます。理論的にはメラニンを排出したり、肌のターンオーバーを促す美白化粧品は効果があると考えられるので使ってみる価値はあると思います。


ただし、時間がかかるし、ひじやひざの黒ずみのために美白化粧品を毎日塗るというのは労力もそうですし、お金も時間かかるのでちょっと大変ではないかと思います。


そのため、費用対効果を考えるとひじやひざの黒ずみに対するケアとしては、美白化粧品を使うよりも角質ケアだったり、保湿をすることで肌を柔らかくしていったほうがいいと思います。


肌が柔らかくなれば黒ずみも目立たなくなりますし、ケア用のボディクリームなどはドラッグストアに安価なものがありますし、それで十分ですから問題なくひじ・ひざの黒ずみケアが行えると思います。