トップページ > 地黒はどこまで美白できますか? > 地黒な私でも美白化粧品をケアを続ければ色白になれますか?

地黒な私でも美白化粧品をケアを続ければ色白になれますか?


Q.美白化粧品を使えばどこまで肌を白くすることができるんでしょうか?生まれつき地黒で悩んでいます。何とかしたいです!


欧米では小麦色の肌のほうが羨ましがられるそうですが、ここ日本では憧れになるのは血管が透けてみえるような透明感ある美白肌ですよね。女性にとって「美白」というのは理想であり、何としても手に入れたいものだと思います。


美白化粧品を使用している方にはシミやくすみといった肌トラブルを解消あるいは予防するために利用しているという人が多いと思いますが、肌自体の色を白くしたいということで使っているという人もいると思います。


自分の肌色にコンプレックスがあって透明美白肌に憧れて、あるいは色白といわれる人達が羨ましくて美白を頑張っているという人も意外と多いのではないかと思います。


美白化粧品のイメージとしては使い続けることで肌が白くなるというものがあると思うんですが、一体どこまで肌は白くなるのか?というのは肌色に悩む人にとっては気になるところだと思います。


これは結論を言うと、お肌が白くなる限界というのは二の腕の内側やお尻など紫外線を浴びることがほとんどない部分の肌色までです。二の腕の内側やお尻というのが紫外線の影響を受けていないその人の肌本来の色に最も近いんです。


ただし、いわゆる地黒な人というのは二の腕もお尻も顔ほどではないもののやっぱり黒いと思います。そういう人は生まれつきのメラニン量が違うのでそれ以上は白くなることはありません。


毎日のように美白ケアを続け、紫外線対策も欠かさずに行うことができれば肌本来の色に近い色までは近づけるかもしれませんが、肌本来の色以上に白くすることは難しいと考えられますので過度な期待はしないようにしましょう。


ちなみに地黒には地黒のメリットがあり、生まれつきメラニン量が多いということで紫外線防御力が非常に高いということがいえます。そのため紫外線を多少浴びても赤くなりにくく、すぐに黒く落ち着きますし、ダメージも少ないのでシミにもなりにくいんです。


凄くわかりやすい例でいうと黒人は年齢を重ねてもそれほど顔の印象は変わりませんが、白人は25歳をすぎると驚くほどの早さで老化していきます。シミやシワ、たるみ、ひどいです。それだけ紫外線に弱いため光老化が促進してしまうんですね。


(ちなみにマイケル・ジャクソンですが、肌が白くなったのは尋常性白斑という病気とそれを隠すための白いメイクです。お金を積んで一般人が知らないような方法で肌を白くしたのではありません。)


肌の色というのは生まれながらにして持っているものです。そのため、美白化粧品で何をしようが肌本来の色以上にの肌の状態を変化させることはできません。