トップページ >  美白化粧品についてQ&A >  美白化粧品は乾燥&刺激がひどい?

美白化粧品は乾燥したり、刺激が強いといいますが....


Q.美白化粧品を使うと肌が乾燥したり、敏感肌の人にとっては刺激が強いといわれています。実際どうなんでしょうか?保湿力のある美白化粧品はありますか?


美白化粧品のデメリットとしてよく上げられるのが乾燥するということと、刺激が強いということです。これは美白はさっぱり系が多いこと、それに医薬部外品ということが関係しています。


乾燥については最近は高保湿タイプのものがでてきているのでそれを利用するというのもありますし、美白美容液を使う前に保湿力のあるセラミドを配合した美容液を使うという方法もあります。


肌の水分量と油分のバランスのとれた潤い肌とバリア機能が低下した乾燥肌や敏感肌では美白有効成分の浸透具合がまるで違ってきますから美白を効かせるためには肌の保湿はすごく重要です。


紫外線のダメージを受けてくすんだり、疲れてしまっている肌は、例外なく肌の表面を覆っているバリアの機能が十分ではない状態にあります。そのような状態のままで美白化粧品を使用してもその有効成分はお肌に十分に浸透する間もなく蒸発してしまいます。


乾燥しているようであれば美白よりもまず先にお肌を十分に潤すことを優先したほうがいいです。


刺激については美白化粧品の場合、化粧品と医薬品のちょうど中間のような立ち位置にある医薬部外品を配合していることが多いので、作用が穏やかな化粧品と比べて効果が高い反面、肌の状態によっては刺激を感じてしまうということがあります。


ただ、医薬部外品を刺激に感じてしまう肌というのはどちらかというと潤い不足で肌のコンディションが乱れているという肌ですから、ここでも重要になるのは保湿です。


また、美白化粧品を使うことで紫外線から肌を守るメラニンを防ぐため紫外線に対する肌の抵抗力が落ちて刺激を受けやすくなっていることも影響としては考えられますから、日焼け止めによるUVケアを徹底することも刺激を軽減する方法の1つです。


肌のバリア機能を整えて、潤いを維持できる肌に整えてながら美白成分で透き通るような肌を手に入れるというコンセプトで開発された美白コスメにディセンシアのサエルという商品があります。


肌のセラミドを強化しつつ、同時に美白を叶えてくれる商品ということで乾燥肌や刺激に敏感な敏感肌の人に愛用されている人気の美白コスメです。乾燥や刺激が気になる方はチェックしてみてください。