トップページ >  美白ケアの効果Q&A >  ニキビ跡に美白美容液が効くってホント?

ニキビ跡に美白美容液が効くってホント?


Q.ニキビが炎症を起こしたあとが黒ずみになって残っています。美白美容液でケアすると治るということを聞いたのですが本当に効きますか?


ニキビ跡というのはニキビが炎症を起こすまで悪化してしまうとできやすくなります。炎症を起こしたニキビは見た目にも醜く、不潔に見えてしまいますし、なかなか治らないので、気になるあまり、つい潰してしまうことも多いのです。


ただ、そうして潰したニキビというのはニキビ跡となって、いつまでもしつこく残ってしまいます。


ニキビ跡には、炎症が肌に残ってしまった「赤み」、炎症の刺激が肌に残ってしまった「黒ずみ」、そして炎症が肌の深部にまで達し、細胞を破壊してしまった「陥没」といったタイプがあります。


こうしたニキビ跡のなかでは黒ずみ(=色素沈着)はその原因がメラニンですので、メラニンの還元作用がある美白成分(ビタミンCやハイドロキノンなど)を配合した美白化粧品を使用することで色素沈着を効果的に改善することが出来ます。


肌表面に炎症によってメラニンが沈着している状態なので、放っておいても肌のターンオーバーによって徐々に薄くなっていくものですが、より早く目立たなく、薄くしたいのであれば、美白化粧品を使ってメラニンを還元化する方法がおすすめです。


ビタミンCにはそうしたニキビ跡の色素沈着に対しては効果の高い成分でメラニンに直接働きかけてくれますし、肌のターンオーバーを促すため沈着したメラニンを体外に排出してくれます。


ハイドロキノンは皮膚科でのシミやそばかすの治療にも使用されている美白成分であり、その強力なシミの漂白作用で色素沈着を起こしている部分を元通りにしてくれるものです。


ピンポイントでニキビ跡の黒ずみをケアしようと思ったらスポットケア用のハイドロキノン配合の美白美容液が一番効果的といえます。一緒にビタミンC誘導体の化粧水なども使えばメラニンの排出効果も高まるので相乗効果も期待できます。


ニキビ自体は皮膚科で効果のある薬を処方してもらえるようになったので早く治るようになってきましたが、ニキビ跡のケアは皮膚科ではしてくれません。そのため美容皮膚科で高いお金を払うか自分でやるしか、ニキビ跡はきれいにならないんですね。


広範囲にニキビ跡の色素沈着がある場合は、美容皮膚科に行ったほうがいいと思いますが、頬や顎にちょっとあるぐらいならスポット用の美白美容液でケアすることで十分ニキビ跡は綺麗になると思います。