トップページ >  美白化粧品についてQ&A >  値段が高いほうが美白効果も高い?

値段が高いほど美白化粧品ほどやっぱり効果も高いんですか?


Q.基礎化粧品のなかでも美白シリーズは値段が高いと思います。やっぱり値段に比例して高いもののほうが効果は高いんでしょうか?


ドラッグストアで手頃な値段で買える美白化粧水からデパートの化粧品売り場にしかない超高級美白美容液まで美白化粧品の値段はまさにピンキリといっていいほど値段開きがあります。


そして化粧品メーカーの演出の影響もあってより値段が高いほうが効果がありそうだと私たちは思い込まされているわけですよね。


実際、美白化粧品において価格と効果は関係するのか?ということですが、これは大いに関係があるとみたほうがいいでしょうね。というのも、化粧品メーカーにとっては美白シリーズというのはエース級の存在であり、最も研究・開発に力をいれているからです。


毎年、2月の終わりぐらいになるとその年の最新作が各化粧品メーカーから一斉に発表されるわけですが、それには独自の美白メカニズムや最先端の浸透技術などが盛り込まれているわけです。


化粧品に凝縮されている成分や技術がより高度で最先端なものになるにつれて、効果が高くなることはもちろん期待できるのですが、それと一緒に、研究開発にかかった費用や労力、PRのために使った広告費が価格に上乗せされるので、どうしても値段が高くなるわけです。


「値段も高い=最先端の美白技術が搭載されている&PRにお金がかかっている」


ということはまず間違いないといえるんですね。


ただ、もちろん安くても名品といわれるものがあるのは事実ですし、リニューアルして悪くなったとか、今年の〇〇の新作はいまいちというのはあるので、必ずしも値段が高い=効果が高いということではないようです。


美白化粧品の場合、大切なのは続けることと、肌にあっているかどうかです。どんなに高級な美白化粧品を買っても使うのがもったいなくてケチって使っていれば効果は半減しますし、肌の乾燥やメイクのりがいまいちという場合は、避けたほうがいいと思います。


肌質にあった美白化粧水や美白美容液というのは、使った翌朝からキメが整って肌が明るくなったなど効果を感じられるものです。美白だけにかぎらず、基礎化粧品を選ぶときのポイントになりますが、一番確実なのは自分の肌の変化や感触で選ぶということでしょうね。