トップページ > シミ消しに1番効果のある方法って何? > シミ消しに1番効果のある方法って何でしょうか?

シミ消しに1番効果のある方法って何でしょうか?


Q.シミに1番効果のある方法って何でしょうか?できてしまったシミはレーザー治療でしか治せないとよく耳にしますが、スキンケアで薄くしたり、目立たなくすることってできますか?


できてしまったシミに対してはというのは、レーザー治療+外用薬(トレチノイン&ハイドロキノン)の組み合わせが最も手っ取り早く、確実にシミを消せる方法だと言われています。


レーザー治療はご存じのとおり、黒色に反応する強烈なエネルギーを照射することで、沈着したメラニン(=シミ)もろともメラニン生成の指令異常にだす表皮細胞を破壊するので、新しいシミを防ぐこともできます。


外用薬(トレチノイン&ハイドロキノン)では、古い角質を剥がし落としながら新しい皮膚を再生しつつ、メラノサイトに働きかけてメラニン生成の指令が来てもつくらせないように防止するものです。


そのためこの2つを組み合わせることでできてしまったシミを消すことはもちろん、これから黒くなろうとしている表皮細胞においてもアプローチしてシミになることを事前に防ぐことができるわけです。


いずれの治療も基本的には美容皮膚科などクリニックでの自由診療となるので値が張るのは確かですが、効果は確実に期待できるので何をもしてシミが消えない人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


スキンケアでシミ対策ができるかどうか?ですが、美白化粧品はあくまで予防がメインなのでできてしまったシミに対する効果は低いです。


ハイドロキノン配合の化粧品もあるにはありますが、濃度が低いこともあって効果は皮膚科でもらえるハイドロキノン軟膏などに比べるとかなり弱いです。本当にうっすらとした毎日鏡で自分の顔をみている自分にしかわからないようなできかけのシミぐらいにしか効果はないでしょうね。


自宅でできるシミ対策としては、UVケアの徹底と、メラニンの生成を防ぎ、肌に沈着させない予防のための美白ケアが中心になります。


また、皮膚科の治療やレーザーによってシミが改善できたとしても、一度シミができてしまったという事は、見えていないだけでシミの原因となるメラニン色素が蓄積されており、シミ予備軍といったものが背後に隠れている可能性が非常に高いということを忘れてはなりません。


すでにあるシミのまわりには隠れジミといわれる目にみえないだけで肌の奥でメラニンが蓄積されている状態が多く分布していることが最新の研究からわかっていますから、それらの隠れジミが紫外線の影響を受けて、シミとしてでてこないように常日頃から美白化粧品を使用してケアをしていかないといけません。


できてしまった濃く大きなシミ、盛り上がってしまったようなシミに対してはレーザー治療で対処するのがベスト。予防や再発防止には自宅での毎日のスキンケアが大事になるということです。