トップページ >  美白ケアの効果Q&A >  美白サプリって効果あるの?

美白サプリって効果あるの?


Q.チョコラCCホワイトやハイチオールCなどのいわゆる美白サプリはどの程度、効果があるものなんでしょうか?美白するなら飲んでおいたほうがいいですか?


美白を極めようと思ったら外側からのスキンケアに加えて、体の内側からのインナーケアも重要です。そんなインナーケアに便利なのが美白サプリです。


美白成分を配合した美白サプリとしてはチョコラCCホワイトやハイチオールCといった商品があり、ドラッグストアなどで手軽に購入することができます。


なかでも人気なのがメラニンの生成を抑制し、できてしまったメラニンも減らしてくれるという「L-システイン」を配合した美白サプリメント。なかなか効果が目に見える形であらわれないサプリメントにおいてL-システインの美白効果は評判になっています。


美白サプリのメリットというのは内服することで体全体に有効成分を届けられるということ。局所的な効果にかんしてはスキンケアのほうが効果がありますが、体のあちこちにシミや黒ずみがあるという場合は美白サプリは役に立つと思います。


スキンケアでは対処できないところを美白サプリで補うという感じです。だからコスメとサプリは相乗効果もあるので併用したほうがいいでしょうね。内側からと外側からのアプローチで【トータル的な美白力を高めることができます。


もちろん美白のためのインナーケアは、わざわざ余計にお金を払ってサプリを飲まなくても普段の食事を気をつければ十分できます。


シミ予防には美白ビタミンといわれるビタミンCが有効です。またビタミンAもシミを排出させる効果が高いので摂取したい栄養素になります。特にビタミンCは、メラニンの沈着を防ぎ、できたシミを還元してシミを薄くする作用もあるので、不足することがないようにしたいところ。


ビタミンCを積極的に摂取することで、体も抗酸化体質になり、UVダメージに強くなるので紫外線が増えだす3月ごろからは、積極的にビタミンCの摂取量を増やしていきたいところです。


外食やインスタント食品、加工食品を食べる機会が多いと、どうしてもこういった美白や美容に必要なビタミン類が不足してしまいます。さらに、タバコを吸ってしまっては、摂取したビタミンをみずから破壊しているようなものなので、肌にとってはマイナスでしかありません。


頑張って高い美白化粧品を使って美白ケアをしてもこうした食習慣を送っていてはすべてが台無しになってしまうので、スキンケアに偏ることなく、食生活やインナーケアにも気をつけるようにしてください。


私たちが普段食べているものを基にして新しい細胞は作られます。皮膚がすべて入れ替わるのにかかる時間は約1か月程度といわれていますから、美白サプリやシミをつくらせない食事の影響がではじめるのはちょうど1か月経ってからです。


即効性はありませんし、実感もほとんどないと思いますが、それでも食べるもの、摂取する栄養素が変われば体や体質は確実に変わっていくのでコツコツ続けるようにしてください。美白サプリも続けられないのであれば効果がでないので飲む意味はありません。