トップページ >  シミにまつわるQ&A >  妊娠中や産後のシミはどう対策する?

妊娠中や産後のシミはどうやってケアすればいいですか?


Q.妊娠をきっかけにシミが増えたような気がします。産後にシミが増えたという人もいますが、産前産後というのはシミができやすいものなんでしょうか?またどういった美白ケアをすべきでしょうか?


妊娠中というのは基本的にホルモンバランスが大きく変化する時期で、その影響もあって紫外線に対する感受性が非常に強くなります。そのためちょっとしたUVケアの手抜きや塗り忘れでシミができてしまいます。


そのため妊娠中は普段の倍は気を使って日焼け止めを徹底しないといけません。


できてしまったシミに対しての治療は残念ながら妊娠中はできないことが多いです。例えば美容クリックでは、レーザー治療でいつも以上に痛みがでてしまうこと、胎児に影響がでる可能性があるのでトレチノイン&ハイドロキノンの外用薬も使えないことなどもあり、まともな治療ができないため妊婦さんの治療はお断りするところがほとんどです。


そのため妊娠中はグレープルーツなどビタミンCが豊富な果物を食べてシミができないようにするとか、敏感肌用の刺激の少ない美白化粧品を使ってシミの拡大を防ぐといった予防に努めることが精一杯できることだと思います。


妊娠中にシミが出た!という人は出産後、ホルモンバランスが整っていくにつれてシミの発生も落ち着いてくると思いますが、逆に産後になってシミが増えたという人もいますし、妊娠中にできたシミがそのまま定着して消えない!なんてこともあります。


産後のシミは、妊娠中と同様にホルモンバランスの変化が影響していることもありますし、産後の子育てに忙しく、スキンケアがしっかりできていないということも影響している可能性があります。


それから妊娠出産をきっかけに蓄積されていたメラニンが一気に噴き出してそのまま居座ってしてしまうということも稀にですがあります。これは年齢が高めの方やシミができやすい体質の人に多いです。


一度できてしまったシミはなかなか小さくならないし、薄くなりません。ピーリングをして肌のターンオーバーを活性化してメラニンの排出を促したり、ハイドロキノン配合のスポット用美白美容液で集中ケアすることでシミにアプローチすることはできますが、元に戻るかは未知数です。


半年以上、スキンケアを続けてシミが一向に消える気配がなければ、一度、皮膚科や美容皮膚科にいってみてもらったほうがいいと思います。というのはレーザー治療を受けろといっているのではなく、普通のシミだと思っていたものが実は肝斑だったというケースがあるからです。


肝斑は女性ホルモンと非常に密接した関係があり、ホルモンバランスが大きく変化する妊娠中は最も肝斑が発生しやすい状態になるといわれています。妊婦の7割に肝斑が見られるという報告もあるぐらいです。


この肝斑が産後も居座ってしまっている場合があり、これは普通に美白ケアしていては一向に効果がでませんから、皮膚科でしっかり診察してみてもらったほうがいいというわけなんです。


なお、肝斑の治療にさいしては一部保険が適応されることがあるようなので他のシミに比べると治療費はそれほどかからないのではないかと思います。